7S-強い組織を作るためのビジネスフレームワーク

 

7S

 7Sは組織を検討するために使うフレームワークです。
 7SのSとは経営資源の頭文字を表していて、ハード資源の3S(戦略、構造、制度)とソフト資源の4Sに分けられます。

 

  1. 戦略(Strategy):事業の方向性、事業戦略
  2. 構造(Structure):組織構造
  3. 制度(System):評価制度、報酬制度、教育制度、会計制度など
  4. 共通の価値観(Shared Value):全員が持つ共通した価値観
  5. スキル(Skill):営業力、技術力、企画力など
  6. 人材(Staff):個人の能力
  7. スタイル(Style):社風、文化

 

 ハードの3Sがソフトの4Sを生み出しています。組織のあり方を検討する際にはこれらの視点で見ていくことが大切です。

 

ハードの3Sは変えやすい

 7Sは変えやすい順番に並んでいます。ハードの3Sは経営者判断で構築や変更が比較的にやりやすいですが、ソフトの4Sは時間がかかります。組織を見直す際は、まずハード面から始めてみるとよいでしょう。

 

 以下に7Sの全体像を示します。

7s